「ネットショップ」起業の方法について ~ 起業・独立・開業・副業方法情報サイト

起業・独立・開業・副業方法情報サイト

「ネットショップ」起業の方法

トップ > 起業・開業の業種・種類について > 「ネットショップ」起業の方法

起業・独立・開業・副業方法情報サイトネットショップ【開業編】

ネットショップは店舗を持つ場合に比べて開店費用が少ないため、実店舗よりも低いリスクで起業することが可能です。 ネットショップ用のサービスも多数提供されており、ほとんど費用をかけずに開店することができます。

【ネットショップの特徴】
  • 実店舗に比べて固定費が少ない。
  • 商圏が限定されない。日本全国、海外にも販売可能。
  • 時間に限定されない。24時間営業。
  • 販売が自動化されるので人件費を抑えられる。
  • 現金での販売は不可。決済方法を準備する必要がある
  • ショッピングカートを用意する必要がある。
  • ネットのため実店舗に比べて視認されない。
  • 配送手段を用意する必要がある。
  • 販売するためのサイトを用意する必要がある。


【ネットショップ運営に必要なもの】

<<1.商品・商材>>
自社製品を販売する場合を除いて、ネットショップを運営するにはまず販売するための商材を仕入れる必要があります。

ではどうやって商品の仕入れ先はどうやって探すのか? 答えは仕入れたい商品のメーカーと直接交渉したり、インターネットなどから卸業者を探して直接電話やメールで交渉することになります。 実際の仕入れ先を探すには、まず「これを売りたい」という商品が手元にあれば、 タグやパッケージに記載されているメーカーや販売元、輸入元に連絡して探してみましょう。

もっともメーカーが直接販売することはまずありません。 その場合には卸売などの仲介業者を通して購入することになります。 メーカーなどが卸売店などを紹介してくれたりもするので、問いあわせてみてください。

ただし、個人事業者では販売契約を断る卸売り店も少なくありません。 業者によって取引は「法人のみ」「個人OK」とさまざまなので、ダメ元くらいの気持ちで問い合わせるのがいいかもしれません。

ほかにもギフトショーや展示会に参加して、お店のコンセプトにあった商材を見つけ出す方法があります。 メーカーのサイトに展示会参加の情報などが公開されることが多いのでチェックするとよいです。

インターネットでの卸売り店もあります。 その場合、「個人取引OK」のことがよくあります。 しかし、実際のところそういったインターネット上の個人取引OKの卸売り店は、 すべてがそうでないかもしれませんが、小売店とほとんど値段が変わらない場合が多いように見受けられます。 正直あまりおすすめはできません。

【販売価格の決定】 ネットショップの場合は販売価格に別途送料がかかるため、送料を含めた価格設定が前提となります。 また商品を梱包する段ボール代や通信費などのコストも含め、販売価格を決定する必要があります。 もっとも、商品価格に転嫁せずに梱包費は配送料金に含めて請求するという方法もあります。

【売れ筋商品を調べる裏技】

商売繁盛のためには、当然売れる商品をそろえることが重要になります。 売り上げの8割は、2割の商品がたたき出すというパレートの法則(80:20の法則)という説があります。

いかに売り上げを伸ばすかは売れる商品を扱う必要があります。 ほとんどのひとは自分がほしいと思うものが売れる商品と考えると思います。 それも一理あるのですが、必ずしも世間一般の需要がある商品と一致するとは限りません。

ではどうやってその情報を得るかというと、実は簡単な方法で知ることができます。 それは、yahoo ショッピング、楽天、amazonなどの大型ショッピングモールの売れ筋商品ランキングです。

本来、この売れ筋商品ランキングは消費者向けに販売促進のために提供されている情報ですが、 販売する側にとっては売れる商品を知ることができる重要な情報になります。 しかも無料で公開されているわけですから利用しない手はありません。


<<2.販売サイト作成>>
ネットショップを運営するにはまず販売するためのサイトを作成しなければなりません。 しかし、自分でレンタルサーバーを借りてHTMLを用いて作成する方法もありますが、労力・時間が必要になります。

そこで、あらかじめ用意されているを利用できるサイト作成機能のサービス提供するASPを利用すると非常に簡単にお店のページを作成することができます。 無料から低価格でりっぱなお店のページを作れるので利用することをお勧めします。 この手のサービスは、【サイト作成機能】と【ショッピングカート機能】あわせて提供されていることが多いです。


<<3.ショッピングカート機能>>
ネット上でショッピングするための機能を【ショッピングカート機能】といいます。 購入したい商品を選んだり、配送手続きをしたりすることができる機能がネットショップでは不可欠になります。 この【ショッピングカート機能】を提供するサービスは多数あり、無料から月額利用料金支払うものまであります。 開店当初は無料プランを利用して、売り上げが伸びてきたら有料プランに変更するとリスクを最小限に抑えることができます。

2016年1月の段階でネットショップの購入方法には大きな変化が起きています。 それは、これまではPCによる購入がメインだったものが、スマートフォンが主流になってきていることです。 AmazonやYahooショッピングなど大型のショッピングモールではすでにPCよりもスマートフォンでの購入のほうが多いと発表しています。 今後はスマートフォン向けに対応したネットショップ・ショッピングカートを用意する必要があります。 自分の運営するサイトではすでに80%近くがスマートフォンによるアクセスです。数年前とはPCとスマートフォンが逆転してしまっています。

  Googleも正式に2015年4月からスマートフォンなどのモバイル対応したサイトを検索結果に上位表示することを発表しました。 これからのネットショップはモバイル対応が必須となっています。 それにもかかわらず、いまだにPC表示のみ対応でスマートフォン対応できていないサイトやショップが少なくありません。 特に昔から運営しているサイトやショップは新たにモバイル対応をする必要があるため、 費用などの点から後手後手になっているようです。 これからネットショップを開業しようとしている人たちにとってはチャンスといえるかもしれません。


<<4.EC決済手段・方法>>
ネットの支払いは現金は不可のため、決済方法を準備する必要があります。 利用可能な支払い方法がないと、せっかく購入しようとしても購入できません。 せっかく購入しようとしたにもかかわらず、希望の決済方法がない場合には70%が購入をあきらめるというデータがあります。

ネットショップでの決済方法の割合は、データによれば【クレジットカード決済】(60%前後)【代引き決済】(15%前後) 【コンビニ決済】(10%前後)【銀行振込】(3%前後)【電子マネー決済】(5%前後)【その他】(7%) です。
ECネットショップの決済方法の割合

他にも【携帯キャリア決済】や【プリペイド決済】などありますが、 【クレジットカード決済】【コンビニ決済】【代引き決済】【銀行振込】を準備すれば、 決済手段の90%近くをカバーすることになります。 これらの決済手段は用意しておくことが重要になります。

しかし、個人や中小企業が直接【クレジットカード決済】【コンビニ決済】の契約を結ぶことは困難です。 そのためEC決済代行を提供しているサービスを利用することになります。 代表的なものとして【GMOイプシロンサービス】があります。


<<5.配送手段>>
郵便局のゆうパック、佐川急便、ヤマト、西濃運輸などがあります。 ネットショップでは価格競争さらされる可能性が高く、その際に最後の決め手になるのが送料です。 いかにこの送料を抑えるかがネットショップ運営には重要になります。

その中でもおすすめのサービスが、郵便局が【クリックポスト】と【GMOイプシロンの西濃運輸】です。 特に【クリックポスト】は長辺34cm以下、短辺25cm以下、厚さ3cm以下で、重量1kg以下の小型商品の発送に最適です。 全国一律¥165(2016年1月時点)と低価格での送ることができます。 一方、【GMOイプシロンの西濃運輸】は130サイズまでなら全国一律600円+消費税で配送することができます。

【送料の設定の種類】

1.送料全国一律○○円
注文が全国各地からくるような商品向けの設定方法です。 西濃運輸などで全国一律の配送サービスを提供しています。

2.○○円以上購入で送料無料
客単価を上げたいときに有効な設定方法です。

3.送料無料
商品代金に送料を含めてしまう設定方法です。 価格競争において、最後の決め手になるのが送料です。 いかにこの送料を抑えるかがネットショップ運営には重要になります。


起業・独立・開業・副業方法情報サイト以上の観点からネットショップ開業の場所を選択する。

ネットショップ開店の手段
大きい画像はコチラ

【自社サイト】
自社サイトをネットショップの開業・運営システムのパッケージソフトなどを利用してネットショップを構築します。 すべてを自社で構築するため自由なネットショップを開業することが可能です。 しかし、すべてを自社で用意するために高いスキルや維持費が必要とされるため、個人や中小企業には導入は事実上不可能といえます。

【自社サイトの特徴】
  • 販売ページ、決済、ショッピングカート機能などすべて用意する必要あり
  • 高度なスキルが必要
  • すべて自社で用意するため維持費は高額になりがち
  • 自由度が高く、思いのままのネットショップを構築可能


【レンタルショッピングカート(ASP)】
レンタルショッピングカートとは、【販売ページ作成機能】【ショッピングカート機能】などの受注管理システムを、 ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)として提供するサービスです。

無料プランから有料プランまでさまざまですが、【ショッピングモール(ネットショップ出店ASP)】に比べて安価に(数千円円から1万円ほどで)利用することができます。 決済手段については【クレジット決済】【コンビニ決算】まで提供しているサービスもあれば、 別途決済サービスを契約して、連携することより実現するタイプがあります。

代表的なサービスとして、【MakeShop】【FC2ショッピングカート】【Base】【shopserve】などがあります。

ショッピングサイトと提携して、集客性をアピールするサービスもありますが、実際のところ集客性はほとんど期待できないといわざるを得ません。 自社サイトを運営しており、すでに集客性があって、このショッピングカート機能のサービスを利用して 自社サイトにショッピングサイトを構築したい場合に向いています。

【レンタルショッピングカート(ASP)の特徴】
  • ショップページ作成機能を提供
  • 決済機能はサービスによりけり
  • 集客性は低いため別途集客が必要。
  • 価格が低価格(月数千円から1万円弱)


【ショッピングモール(ネットショップ出店ASP)】
モール(ネットショップ出店ASP)とは、多数のネットショップを集めた、インターネット上の商店街です。 代表的なものにYahooショッピング、楽天市場、Amazonがあります。 ショップページ、ショッピングカート機能、受注管理機能、決済手段などネットショップ運営に必要なすべてのツールが用意されています。 なによりも最大のメリットは集客性が非常に高いことです。 ショッピングモール全体としての知名度による集客が見込めます。

一方で、他の多くの競合店の中に埋もれてしまう可能性が高いです。 そのため価格競争になり、手数料もかかるので収益性を確保するのは困難といえます。 また、デザインなどが一律になったり、独自プロモーションやアプローチに制約がある場合もあります。 さらに月額利用料や決済手数料、ロイヤリティ、ポイント原資負担などを支払うことが要求されます。

独自の販売ルートがなく、価格競争に巻き込まれないオリジナルの自社製品を販売したい場合には向いているといえます。 逆に他店も取り扱いが可能な既製品を販売する小売店の場合には、価格競争や利用料などで収益性を確保するには向いていないかもしれません。

【ショッピングモール(ASP)の特徴】
  • ネットショップに必要なすべての機能が用意。
  • 集客性が高い。
  • 月額利用料金、ロイヤリティ、決済手数料など費用が高い。
  • 同ショッピングモール内の他店舗との価格競争になりやすい。

トップ > 起業・開業の業種・種類について > 「ネットショップ」起業の方法

起業・独立・開業・副業方法情報サイト
Copyright (C)2006,2007 起業・独立・開業・副業方法情報サイト
起業・独立・開業・副業方法情報サイト All Rights Reserved

[運営サイト]
ペットうさぎ専門情報サイト うさぎといっしょ | 伊豆観光旅行スポット情報サイト | 起業・独立・開業・副業方法情報サイト